SiteMap

ENGLISH

 

 

 

ユーザドメイン属性の考え方

SaasBoardは、会社内だけではなく、お客様や取引先、そして、海外ともコンファレンスを持つことが出来ます。 会社間、海外とのやり取りに優れていることが、SaasBoardの大きな特徴です。

会社という組織単位は、SaasBoardの世界ではsocietyという単位で管理されています。 つまり、societyという単位で独立性とセキュリティを守っています。 クラウドコンピューティングの世界ではこれを 『マルチテナント』と呼んでいます。

SaasBoardはいち早く、この会社ごとの独立性を保つ、マルチテナントを実現しています。

現実世界での人と人とのコミュニケーション頻度は、会社内部のコンファレンス(会議)だけでは有りません。 むしろ、社外のお客様や取引先が主であり、海外との取引も頻繁に行われています。 それらのコンファレンスを、移動せずに行えれば、時間や経費を大幅に節約できます。

SaasBoardでは、これを実現するために、ワールドIDを使ってsociety外の方々、 言い換えれば、『会社間』『国際間』とのコンファレンスが、独立性を保ちながら出来るようにしています。

この説明をするために、まずアクセス権限概念図を説明しましょう。

  • 個人(Private): SaasBoardの中の、個々の人を指します。
  • Pal:個人のつながりです。親しい間柄の方々とPalの関係を結び情報共有が出来ます。
  • Group:所属している部署やコミュニティーです。グループ間で情報共有が出来ます。
  • Society:現実に所属している最大組織です。契約主体といっても良いでしょう。 会社や学校など自分が所属する最大の範囲とお考えください。
  • World:SaasBoardユーザー全体です。 現在、saasboard.jp(日本語環境)とsaasboard.com(英語環境)があります。 国際間コラボレーションは、この間で行われます。
  • Universe:インターネット全体を指します。SaasBoardの範囲外の全てを指します。

SaasBoardの世界(world)には、たくさんの会社(society)が存在します。 その会社間で、コミュニケーションを持つことが出来ます。 さらに、societyの特殊形で、 個人ユーザーが所属する、uni(個人エントリーコース)や、unip(個人ビジネスコース)、 そして、無料で運営されている無料ユーザー向けのsocietyであるfreeとの間でも、コミュニケーションを持つことが出来ます。

こういった構造の上で、企業ユーザーと、弁護士やコンサルタントと言った個人ユーザーが、コミュニケーションを持つことが出来ます。 そして、SaasBoardが初めてというユーザーの方が、無料版SaasBoardに登録するとfreeにアサインされ、 個々のsocietyに属する企業ユーザ、uni、unipの個人ユーザの方々とも、コンファレンスが出来るようになっています。

SaasBoardワールドには、現在、日本語サイトのsaasboard.jpと英語サイトのsaasboard.comがあります。 この中に、日本の会社(.jpのsociety)、海外の会社(.comのsociety)があります。 また、前述したように、個人向けサービスのuniやunipというsociety、個人向け無料サービスのfreeなどがあります。 それぞれの位置づけと構造は、下の図の通りとなります。

現時点で存在するSociety
  • ○○○、△△△、□□□:
    SaasBoard/Collabo SaasBoard/Roomコースのsociety
    御契約いただいた会社ごとに、独自のSociety名が付与されます。
    例) 会社のインターネットドメインが ”abc.co.jp” であれば → ”abc”
  • unip: Personalコース
  • psl: Personal Liteコース
  • free: 個人向け無料コース
  • biz: 弊社デモ用

A製作所とB商社とC化学は、それぞれ関係しながらコンファレンスを持ち、 コンサルタントなどの個人ユーザーは、Personal(unip)やPersonal Lite(psl)から、それらの会社とコンファレンスを行うことができます。

また、無料版freeのユーザーも、有料版利用者から招待を受ければ、コンファレンスに参加することが出来ます。 この関係は、英語サイトでも同様ですので、日本語サイト内関係と同じように英語サイト内も関係し合い、 さらに日本語サイトと英語サイトで相互通信を行っていますので、 日本語サイトと英語サイトつまり海外とやり取りをすることも出来るわけです。

こうした、society外に対して個人を認識するIDとして、ワールドIDというものを使います。 ワールドIDは、以下のように構成されています。

個人ID名@society名#jp

もしくは

個人ID名@society名#com

例)saasboard.jpの中にある biz という会社のtanakaさんというIDの方の「ワールドID」は、→ tanaka@biz#jp

このワールドIDを、招待したいメンバー名のところに入れて招待状を送ればよいのです。

個人向けサービスや無料サービスは、独自society名ではなく、サービス固有のsocietyに所属しています。 それぞれのサービスコースに応じて、以下のようなsociety名に所属しています。

  • SaasBoard/Personalコースユーザ: ”unip”
  • SaasBoard/Personal Liteコースユーザ: ”psl”
  • SaasBoard/Freeコースユーザ(無料版SaasBoardユーザ): ”free”

無料コースfreeメンバーも招待を受ければ、一般societyの方々のコンファレンスに参加できます。 つまり、有料コースから無料コースfreeの方をコンファレンス招待できます。

(例)無料コースfreeの「id=yamada」という方を有料コースの方が招待する場合

有料コースの方が、招待したい「メンバーの名前」欄に「yamada@free#jp」を記入し、招待ボタンクリックします。

すると、招待を受けた無料コースのyamadaさんの登録メールアドレスに招待状が届きます。 yamadaさんは、メール中のコンファレンスURLをクリックし、Webブラウザから、

  • society=”free”
  • yamadaさんの登録メールアドレス
  • yamadaさんのパスワード

を入力し、SaasBoardにログインします。 コンファレンスルームへの「入室」ボタンが現れます。 入室ボタンを押し、コンファレンスに参加します。

なお、有料コースから招待できる無料コースfreeメンバーは、1コンファレンス最大3名となります。

コンテンツ

 

このPCで今すぐWeb会議出来るかチェック。WebカメラとヘッドセットをPCに接続して確認できます。

 

無期限&コストゼロで使える無料サービス版SaasBoard Freeコースは、こちらからスタート。

 

SaasBoardのすべての機能が7日間無料でお試しいただけます。ことばを超える伝達力を存分にご体感ください。

 

お問合せ先
受付 平日 09:00 - 18:00

ニューロネット株式会社
〒194-0045 東京都町田市南成瀬5-1-6 台益ナルセビル 2F

電気通信事業者
総務省 関東総合通信局
届出番号 A-22-11274

 

マーケティング・ブログ
サポート・ブログ
Web会議ブログ
時間貸しWeb会議室
Webウェディング
Web寄せ書き