SiteMap

ENGLISH

 

 

 

SaasBoardの目指すところ

私たちニューロネットが提唱する「Webコラボレーション」。 その根底には、「仕事の仕方、生産性、そして会社と個人の関係性、その組織」を、来るべき新しい時代に向けて変えてゆきませんか? という問いかけを含んでいます。

「仕事」「働き方」を考える場合、

  • ひとりで仕事をしている
  • 人と共に仕事をしている

の二通りがあります。

ひとりでの仕事には、一人で思索している、パソコンや机に向かって仕事をしている、体を動かして作業をしている、 というようなものがあります。 人と共に行う仕事には、打ち合わせをしている、会議をしている、交渉や調整をしている、体を動かして共同作業をしている、 などがあります。

いろいろな仕事の中で、ホワイトカラーの仕事について考えてみましょう。

『ひとりでの仕事』は以前に比べると、パソコンで行うことが多くなりました。 机に向かっている時間も、いわゆる「紙や書類」を相手にしている時間より、 パソコンのディスプレー上に映し出されたファイルを操作している時間の方が長いのではないでしょうか。

一方、『人と共に行う仕事』には、打ち合わせで人と会っている、電話で相手と話しながら何かを決めている場合もあるでしょう。 現代は、仕事の内容や範囲が、より複雑になり、より広くなっています。 会わなければならない相手の数、範囲、回数、距離も、より多く広くなっています。 人に会うたびに移動していては1日24時間という、与えられた時間がいくらあっても足らなくなります。 結果、「忙しい、忙しい」と動き回らざるを得なくなっているのが、現状ではないでしょうか?

「電話で話す?実際に会う」に加え「Webコラボレーション」を使うことで、効率アップ出来ます。

相手と会うために、都内や市内を移動するにも、余裕時間を含めても1時間以上の移動時間がかかります。 これだけでも、1日の稼働時間の1/8が移動に使われてしまいます。 こういった移動を減らし、時間をセーブし、電話のように音声だけでなく資料を基に打ち合わせを行い、相手とともに発想をまとめ、 記録を残し、意思決定をしてゆく.... このような一連のプロセスを支援する仕組みが、「これからの仕事のしかた」には必要です。

この概念を真に実現するには、これまでの会議室での打ち合わせといったものではなく、 個人と個人のつながり、コミュニケーションを支援する仕組みが必要になります。 それも、企業内部だけではなく、企業間、業界間、国際間にわたるコラボレーションが可能な仕組みが必要となるのです。

クラウドコンピューティング時代になると、これまで資源を手元のPCやローカルサーバにストックしておくことから開放され、 ハードウェアやソフトウェアがどこにあるかを意識したり、インストールや管理などが不要になります。 つまり、ネットにつながるPCとブラウザさえあれば、ソフトウェアの購入やダウンロードをしなくても、すぐに利用できるようになります。

これは、これまでオフィスや会社という、ひとつの物理的な場所に集まっていなければならなかった「仕事」の環境が、 どこにいても作業が出来る形態となり、分散化が進展することを意味します。 だから、自分の好きな場所、例えば喫茶店、駅、自宅、ひいてはリゾート先でも、仕事することが可能になるのです。

『えっ!? 打合せや会議は、どうするの?』

大丈夫です。 一人ひとりがIDを持ち、Webカメラを通してお互いの顔を見ながら資料を共有し、ボイスコミュニケーションが出来る環境があれば、 会社というひとつの場所に移動し集まる必要はないのです。 それだけでなく、社外の方々(お客様、取引先、プロジェクトメンバーなど)とも、 Web会議/Webコラボレーションでお互いの意見を交わし、理解を深め、意思決定ができるようになるのです。

SaasBoardは、その環境を提供いたします。

OSもブラウザも選ばない --- 制約からの解放 ---

クラウドコンピューティング時代は、これまで身近に必要としたハードウェアやソフトウェアを意識しなくても良くなります。 コンピューター資源は、データーセンターへ移行し、 ネットにつながったPCからブラウザでアクセスするだけで、ソフトウェアが利用可能となります。 つまり、ソフトウェアを購入したり設定する必要がなくなり、特定のベンダー(メーカー)束縛から開放されるのです。

現在、ビジネスシーンで多く使われているマイクロソフトExcelやOutlook、IEなどで考えてみれば、 特定のソフトウエアやOS環境に依存するということは、メーカーの制約を受けているということになります。 「好きな時に、好きな場所で」仕事が出来る環境の変化に、柔軟に対応してゆくこれからのコンピューティング形態は、 必要なアプリケーションを必要なときにWebから自由に利用できることが大切なのです。

また、ActiveXやDirectXを導入しない限り利用できないWeb会議サービスが、たくさんあります。 つまり、利用にあたってOSは、Windows環境でなくてはならず、またWebブラウザもIEのみという制限を受けます。 さらに、ベンダーが提供するオリジナルソフトウェアをインストールしなければならない場合もあります。 このような場合、言うまでもなく、そのベンダーが指定した特定のコンピューティング環境下で、 ユーザが制約を受けながら利用せざるえないのです。

クラウド時代は、自分でソフトや環境を選び、柔軟にコンピューターを使いこなしていくこと、そこに真の価値があるのです。 そのためには、ベンダー主導の特定コンピューティング環境からの解放が、重要なキーポイントとなるのです。

SaasBoardは、OSやブラウザに依存しません。まさにクラウド時代のサービスと言えるのです。

そしてまた、クラウドコンピューティング時代では、 「組織」あるいは「企業体」という概念と、「個人」という概念が、関係性において等価あるいは価値逆転してきます。 いつでも、どこからでもアクセスできるコンピューティング環境は、ファシリティの固定化、集中化から、 「時間」「場所」「相手」「サービス」「システム」を個人が選択し、より流動性の高い柔軟な形態を生みます。

こうして、個人が活性化し、有機的につながりながらコラボレーションを行ない、 その結果が、組織や企業体に還流する仕組みづくりをしてゆく... それが、これからの企業が目指すべきことです。 それは、簡単に表現すると、『いつでも・どこでも・だれとでも』という考えです。 ここに、「会議室」という物理的なファシリティーをITに置き換えただけの「会議室型Web会議」の限界がありますし、 企業内だけを対象としている 従来のWeb会議システムの限界があります。

IBMはつい最近、「これからのIBMの進むべき方向」として上記の概念を入れた Smart Work という考え方を、提唱し始めました。 今後ICT業界の大きな潮流として影響力を発揮してゆくでしょう。 しかし、これはあくまでIBMという枠に縛られることが前提となります。 来るべきこれからの企業の形、個人との関係性、を創ってゆく土台となるこのSmatrt Workの概念に対し、 SaasBoardは、この概念を実現するものとして、SaaS Working Style という概念をいち早く提唱しています。

今の日本を取り巻く環境、すなわち、円高やアジア諸国との製造単価問題、化石燃料を使う車の在り方、製造業自体の在り方といった問題、 また、CO2排出、温暖化、インフルエンザと言った問題、 こういった問題に、どのように取り組み、どう乗り越えてゆくか? その答えのひとつが、Webコラボレーション環境 SaasBoard です。

20世紀は、物に対して労働を行い、大量のエネルギーを消費して資本を生成することが、価値と信じられてきました。

しかし、有限な地球資源、急増殖する地球人口とその人口が消費するエネルギー、 そして、排出されるCO2から、20世紀型の価値の追求は許されなくなってきました。

21世紀社会は情報と知価の時代です。

『情報の収集→蓄積→精製・構成・結合・編集→発信・共有→利用』というサイクルを経て、 情報は、知識となり、価値を生むことで、『知価』となります。

  • 情報の収集: 一人で調査する。チームで調査収集する
  • 蓄積: 収集情報を記述する。データー化する
  • 精製・構成・結合・編集: 収集情報を加工し体系化する
  • 発信・共有: 形を整え価値化させた情報を発信し共有する
  • 利用: 発信された情報を受信し、目的に合致させ利用する

つまり、情報を調べ、収集し、情報を組み合わせ加工し編集し、有用な価値情報に変質させ、 新たな情報として発信してゆくところに『知価』が生まれ、 それを受信した方々から対価(\)が生まれます。

20世紀とは異なるビジネスサイクルです。

SaasBaordの直接的な目的は、人々の移動を最低限に抑えて、その結果得られる

  1. 経費の節減効果
  2. 移動時間の節約と、その時間で行える業務による生産性の向上
  3. 新型インフルエンザや政情不安定の際の、社員の安全確保

です。

しかし、私たちニューロネットの本当に目指すところは、SaaS Working Style への変化のお手伝いをする事です。 そのことが新たな価値を生み、生産性を伸ばしてゆくと考えています。

会議をする、言い換えれば、情報交換をするということを考えてみましょう。 電話が無かった時代、遠くへ移動し、直接会ってFace to Faceでミーティングを持つしか手段がありませんでした。 これに電話が加わり、移動を随分減らすことが出来ました。 そして、近年電子メールが使われ始め、更に移動を減らすことが出来るようになりました。

現代はどうでしょう? テレビ会議を用いることで、海外出張などを減らすことが出来るようになりました。 そして、将来、これまでSaasBaordのようなコラボレーションプラットホームが無かった時代に比べ、 ますます移動を減らし、『個』の活性化と有機的つながりの中で、 新たな「知」や「情報」が創出され、生産性を上げる事が出来るようになるのです。

私たちは、Face to Faceの価値を否定するものではありません。 これまで10回行ってきたFace to Faceの情報交換の場を3回にし、 7回をSaasBaordを使ったSaaS Working Style へ変えてみませんか?という提案をしたいのです。 その事が、新たな価値を生むことに、つながるからです。

もう一つの私たちの目指すこと。 それは、もっと大切で大きなCO2排出削減、グリーン化、エコ環境の推進という、地球規模の問題解決の一助を担うこと。 そして、私たちの子孫へ守り贈り届けるべき環境を創出していくことです。

コンテンツ

 

このPCで今すぐWeb会議出来るかチェック。WebカメラとヘッドセットをPCに接続して確認できます。

 

無期限&コストゼロで使える無料サービス版SaasBoard Freeコースは、こちらからスタート。

 

SaasBoardのすべての機能が7日間無料でお試しいただけます。ことばを超える伝達力を存分にご体感ください。

 

お問合せ先
受付 平日 09:00 - 18:00

ニューロネット株式会社
〒194-0045 東京都町田市南成瀬5-1-6 台益ナルセビル 2F

電気通信事業者
総務省 関東総合通信局
届出番号 A-22-11274

 

マーケティング・ブログ
サポート・ブログ
Web会議ブログ
時間貸しWeb会議室
Webウェディング
Web寄せ書き